◼︎ コトノハ ◼︎

本と芝居とラジオの日々 / all rights reserved

芥川賞直木賞メッタ斬り

 芥川賞直木賞が決まったのを受けて、早くも、豊崎由美大森望がお得意のメッタ斬りをしている。この2人の辛口な批評は、いつも的を射ていて読みごたえがある。今回も、芥川賞作品、中村文則「土の中の子供」のセンスの無さ、脇の甘さを「小説知能指数が低い」とばっさり。面白かった。

 ただ、残念なのは、特に豊崎の方だが、自分の好きな作品を褒めさせると、これがどうしようもも無く下手。「好き好き」という感じはわかるが、それ以上でもない。意識的にそうしているのかもしれないが、それを読んでしまうと、ダメ作品のメッタ斬りも、ただごねてるだけに見えてきて、ちょっと興ざめしてしまう。これをもったいないと見るか、そもそもそんなものだったと見るか・・・