◼︎ コトノハ ◼︎

本と芝居とラジオの日々 / all rights reserved

毛皮族『銭は君』

 毛皮族を観てきた。

 歌あり、踊りあり、ニップレスあり、の毛皮節だったが、結論から行くと、町田マリーが良かった。澤田育子も怪演。ただ、芝居そのものは、ちょっと、辛かったかな・・・

 舞台が始まってすぐに思ったのは、やはり小劇場は小劇場でしかないのかな、ということだった。

 かつてあれほど小劇場にあこがれていたのに、ぱったりと観なくなってしまったのは、そこに成熟がないから。若さだけを武器に突っ走るのは、それが斬新であるうちは面白いのだが、その斬新さはすぐに定番化し、やり尽くされた印象に取って代わり、気がつけばただ稚拙さだけが目立つ劇団となってしまう。そうなったが最後、その劇団は観るに堪えない下手なだけの劇団になってしまう・・・。

 毛皮族『銭は君』を観始めた最初の数分に感じたのは、かつて自分が観る気を無くして捨てた多くの劇団のように、稚拙なだけで、何の新しさも凄さも、感じられないからだった。本当に、下手だった。

 それがようやく観られるようになったのは、下手な脇が消え、町田マリーと富岡晃一郎の二人の掛け合いになったあたりから。要するに、芝居ができる人だけが舞台に残った時からだった。

 色々な芝居を観て思うのは、個々の役者の上手い下手の総量と、芝居のいい悪いは関係ないということ。下手な人ばかりの劇団でも、相当いいものを出してくるときがある。一方、凄い上手い人がいる劇団でも、1人下手な人がいるだけで、場が台なしになることも良くあること。要するに、大切なのは役者同士の芝居のテンションが合っているかどうか。

 ジュンリー(笑)が目指すところは悪くない。決して斬新なものではないが、エンターテイメントとして「あり」だと思う。ただ、そのためには、下手は斬れ!ああいう歌あり踊りありの総合エンターテイメント系の舞台作りで下手がいるのは致命的。舞台が、学芸会になってしまうので。

 それからもうひとつ。本もいまいち。ショーに徹するのか、テーマ性を追及するのか、どちらなのか。中途半端な印象で、消化不良だった。

 といっても、この劇団にストーリーもあらすじもあったものではないのだが。