◼︎ コトノハ ◼︎

本と芝居とラジオの日々 / all rights reserved

ヨーロッパ企画「冬のユリゲラー」


スズナリで。「苦悩のピラミッダー」に続く「バック・トゥ・2000シリーズ」。


仕事の後、開演5分前に着いてみると、会場は殆ど満員。自分の座席は一番後ろの奥側だったが、すぐ右隣と二つ左隣が空席で、その右隣も開演30秒前には女性が駆け込んで座った。一番後ろの席から見下ろした限りでは、空席は自分の二つ左隣の1つだけだったように見えた。人気を実感、ヨーロッパ企画


中身はピラミッダー同様、会話が上手い!


ただ、後半だれた。テンポが悪かった。もっと整理して短くしても良いのでは、と思いながら観ていた。最後のオチの所で、お隣駅前劇場のピラミッダーチームから俳優が駆けつけて登場するのだが、そのためにだらだら?だとしたら、残念。