◼︎ コトノハ ◼︎

本と芝居とラジオの日々 / all rights reserved

ジェットラグ「バラ咲く我が家にようこそ」


シアターサンモールで。


よかった。人間という存在のどうしようもなさ。それに最後に気がついて・・・。芯のある佳作。


脚本は明日図鑑の牧田明宏。演出は青年団リンク、東京デスロックの多田淳之介。この演出が良かった。幕開けと最後、そしてその前の、坂口芳貞がテーマを締めくくるシーン!その他、町田マリーは好演。


残念だったのは、役者が、少し、まだ芝居をつかみ切っていない部分もあり、会話の間が悪かった。それからもう1つ残念だったのは音楽。浜田真理子を全編にわたって使っていて、それはそれで見事にはまっていた!のだが、個人的にはかなり聞き込んでイメージが固まっている曲ばかりだったので、少し違和感を感じた。