◼︎ コトノハ ◼︎

本と芝居とラジオの日々 / all rights reserved

あなざ事情団「ゴド侍」


青年団松田弘子と山の手事情社の倉品淳子のユニットで、今回はタイトル通り「ゴドーを待ちながら」がモチーフ。こたつを間近に囲むように客席が並べられ、その客も芝居に取り込まれながら進行していく。客いじりは好きではないが、これはいじりではなく、空間を共有する芝居で好感。また話も、ベケットの生涯をたどりながら「ゴド待ち」するという重層構造が見事。同じゴド待ち芝居の第三舞台「朝日のような…」を思い出した。
満足度:意外と深く難解なA

2007年8月19日(日)15:00
小竹向原・アトリエ春風舎

作・演出:わたなべなおこ(あなざーわーくす)
出演:松田弘子(青年団)、倉品淳子(山の手事情社