◼︎ コトノハ ◼︎

本と芝居とラジオの日々 / all rights reserved

彩の国シェイクスピアシリーズ「オセロー」


大きな舞台に高さのあるモダンな美術をすえ、解りやすく演出、という、いつもの蜷川シェイクスピア吉田鋼太郎が力みすぎ。一方で高橋洋がよかった。蒼井優は可憐に演じていたが、個人的には、「リリィ・シュシュ…」のような陰のある役や「亀は意外と…」のような飛んだ役の蒼井優の方が凄いと思う。

満足度:立派だったが、B

2007年10月10日(水)19時
彩の国さいたま芸術劇場大ホール


演出:蜷川幸雄
原作:W・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
出演:吉田鋼太郎蒼井優高橋洋馬渕英俚可山口馬木也、壤晴彦ほか