◼︎ コトノハ ◼︎

本と芝居とラジオの日々 / all rights reserved

「キラリ☆ふじみで創る芝居『大恋愛』」〜3人の演出家による"ロミオとジュリエット"


また雪。よく降りますね。その雪の中、はるばるキラリまで行ってきました。ロミジュリを3人の演出家が1幕ずつ、という企画でしたが、感想は一言、凄い!1幕は今一つだったんですが、期待していなかった2幕の富永演出は神話の様に美しく、また演劇的。そして期待していた多田演出は、やはり演劇的で意味が重層的で、頭ではなく体で感じて泣けました。いつものことながらキラリはいいですね。しかし今年は「凄い」連発。当たり年。
満足度:A+

2008年2月9日(土)18時
富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ

脚本:ウィリアム・シェイクスピア(松岡和子訳による)
演出:菅尾友、多田淳之介(東京デスロック)、富永まい
出演:石橋亜希子(青年団)、尾倉ケント(アイサツ)、亀田ヨウコ、北澤雅章(さいたまゴールド・シアター)、コスゲヒロシ、小長谷勝彦(現代制作舎)、小橋和之、佐藤雪江、下平尚輝、高田 淳、竹内萌佳、田中寿直、長尾卓磨、中島愛子、夏目慎也(東京デスロック)、堀井秀子、松田弘子(青年団)、村上聡一(中野成樹+フランケンズ)、村島智之、森田 匠(アマネク)