◼︎ コトノハ ◼︎

本と芝居とラジオの日々 / all rights reserved

秋山羊子とサンジャック


いつものように午前3時起床。
4時に出社して仕事。



月曜に昔お世話になった人に
挨拶できなかったことがひっかかったまま、
水曜日。
手帳を見れば、月曜は、
あべあきらのライブでもあった。
都合さえつけば、両方はしごできていたのにと、
今週も、閉じた空間で過ごす自分を責める。
キャベツ、ひまわり、えっちゃん、転校生、ワンナイトショー、、
数々の名曲を思いながら。



週の半ばで、寝不足もきつく、
それでも今日は、
夜まで仕事し、
間に合えば、行きたいところが。
同時に、
早く終わるなら、帰って休みたい思いとも。
昔なら、帰って休みたいなんて、思わなかった。



19時、何とか仕事を終える。
迷う。
でも、向う。
それでも、まだ、迷う。


西荻サンジャック。
今月で閉店するというビストロ、
時々、
ライブハウス。
自分は、一度も行ったことがない、
それでも今日は、と思った。
閉店、最後の、ライブ。
秋山羊子。



これもまた、
最近を支えてくれた歌。
石村吹雪のように。



4月の石村吹雪のように、
行けば、何かがある、
力をもらって、
見えてくる明日がある、
そう言い聞かせても、
足取りが重いのは疲れ。



西荻の駅で降りて、時計をみて、
間に合うことを、少し残念に思う気持ちも。
迷いながら、半ば、目をつぶって、
足を踏み入れたサンジャック。



扉を開けると、音楽が、そこにいた、



はじめは、よくわからなかった。



キス
ゆうれい
シュークリーム
ようこそ おめでとう
ほめられたい



ここで変わった、すごい、と、



米寿の伝言
レール



あぁ、音が生きている




水分



そして休憩。



Hallelujah
ハテナ
どん
コロッケパン
ブラボー!
もう一度僕らは
指一本で倒されるだろう
ハッピー




間に合ったことを、感謝しながら、思う。
明後日、21日、金曜日は、石村吹雪の余賛歌だ。

指一本で倒されるだろう

指一本で倒されるだろう

ピラニアの棲む湖

ピラニアの棲む湖

狂った手

狂った手